DRMG's Wiki : SharePoint

Top / System Center Data Protection Manager 2007 保護エージェントのインストール時のトラブルメモ
トップ 一覧 単語検索 ヘルプ

System Center Data Protection Manager 2007 保護エージェントのインストール時のトラブルメモ

_ 概要

  • 問題点
    • System Center Data Protection Manager 2007 の保護エージェントのインストールに失敗する。
  • 原因
    • System Center Data Protection Manager 2007 ローカライズ時の不具合や名前解決等の基本的な内容の複合原因。
  • 対応
    • ローカライズ時の不具合対応として、保護エージェントインストール側のFirewallサービスを停止しインストールを行う。(無効化では不可)
    • 基本的な部分は省略。
  • まとめ
    • 保護エージェントのインストールに失敗した場合、可能であればFirewallサービスを停止を試してみる。
    • Firewall サービスの無効化と停止では効果が異なる事がある。
    • Firewall サービス停止時後、リモートデスクトップ接続ができなくなるので注意!!

_ 環境

  • ADあり、すべてのサーバーはドメイン参加。
  • MOSSサーバー Hyper-V上で動作するWindows Server 2008
  • DPMサーバー Hyper-V上で動作するWindows Server 2003

_ トラブル対応しながらのメモ

  • System Center Data Protection Manager 2007 保護エージェントのインストール時に次のエラーが発生。

影響を受ける領域: <サーバー名>

発生日時: 2009/02/14 10:49:20

説明: エージェント操作に失敗しました。 (ID 370)

<サーバー名> の DPM エージェント コーディネータ サービスとの通信エラーのため、エージェント操作に失敗しました。 (ID 319 詳細: RPC サーバーを利用できません。 (0x800706BA))

推奨される操作: 1) <サーバー名> が DPM サーバーからリモートでアクセスできることを確認してください。

2) <サーバー名> のファイアウォールが有効な場合は、DPM サーバーからの要求をブロックしていないことを確認してください。DPM のファイアウォールの構成の詳細については、『DPM 2007 Deployment Guide』を参照してください。

解決方法: このアラートが発行されてから 3 日後に、アラートの状態は自動的に非アクティブに変更されます。アラートを消去するには、以下をクリックします

アラートを非アクティブにする

「System Center Data Protection Manager 2007、DPM の保護エージェント サービスを開始することはできません。」
http://support.microsoft.com/kb/947682/ja

別のプロセスが TCP ポート 5718 および TCP ポート 5719 使用しています。 これら 2 つのポートは、DPM 保護エージェント サービスに必要な。

5718 の TCP ポートと TCP ポート 5719 はファイアウォール アプリケーションや、コンピュータ上のファイアウォール デバイスの開いているはありません。

  • ポート関連かと思いインストール対象側のポート解放・・・
    →解決せず。
  • インストール対象側のイベントログを確認すると、名前解決がされていない事が発覚。
    →しばらく待つと解決。
     再度、エージェントのインストールを試すも失敗。

ログの名前: Application

ソース: dpmac

日付: 2009/02/14 14:01:26

イベント ID: 83

タスクのカテゴリ: なし

レベル: エラー

キーワード: クラシック

ユーザー: SYSTEM

コンピュータ: <エージェントインストール対象サーバー>

説明:

ホストに到達できないため、DPM エージェントは、<SystemCenter?サーバー> の DPM サービスと通信できませんでした。<SystemCenter?サーバー> がオンラインで、DPM を実行中のコンピュータからリモートでアクセスできることを確認してください。<SystemCenter?サーバー> のファイアウォールが有効な場合は、DPM エージェントを実行しているコンピュータからの要求をブロックしていないことを確認してください。(エラー コード: 0x800706ba, フル ネーム: <SystemCenter?サーバー>)

イベント XML:

<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">

<System>

<Provider Name="dpmac" />

<EventID Qualifiers="0">83</EventID>

<Level>2</Level>

<Task>0</Task>

<Keywords>0x80000000000000</Keywords>

<TimeCreated? SystemTime?="2009-02-14T05:01:26.000Z" />

<EventRecordID>13218</EventRecordID>

<Channel>Application</Channel>

<Computer><エージェントインストール対象サーバー></Computer>

<Security UserID="S-1-5-18" />

</System>

<EventData?>

<Data><SystemCenter?サーバー></Data>

<Data>0x800706ba</Data>

<Data><SystemCenter?サーバー></Data>

</EventData?>

</Event>

  • 原因が分からないので Windows Firewallで、「破棄されたパケットをログに記録する」の設定を有効化。
    →特に問題なし。。
  • いろいろ調べていると、ローカライズされたバージョンの製品に問題があるもよう。。
     → FWを停止してインストールする必要がある上、FWの停止に伴いリモートコンピュータ接続ができなくなるとの事。。。

「フィールドSEあがりの安納です : 【Management】DPM 2007 の初期設定を自動化 その2 DPM保護エージェントをインストールする」
http://blogs.technet.com/junichia/archive/2008/09/08/management-dpm-2007-2-dpm-Agant-Install-manualy.aspx

それは、手順の一番上にある、保護サーバー上の Firewall サービスの停止という作業です。「無効」ではありません。「停止」です。「停止」しておかないと、以下のように、エージェントのインストール時に 80070643 エラーが発生して DPMAgentInstaller? が失敗します。これは、どうやら各国語にローカライズさらたバージョンでのみ発生する問題のようです。

  • Firewallの無効化では駄目との記述だが、念のためドメイン向けのFirewall機能を停止して再度テスト。
    → 事情が変わった。クライアントのインストールの進捗まで出ましたが、100%までいってエラー。。
     エラー内容は次の通りで、エージェントインストール対象側に移った。
    • 一歩前進。というか上記のブログのエラー番号80070643と同じなので、こっちがローカライズの問題だったのですね。

<エージエントインストール対象サーバー> に保護エージェントをインストールする エラー:

エラー 313: <エージエントインストール対象サーバー> のインストール プログラムを実行中にエラーが発生したため、エージェント操作に失敗しました。

エラー詳細: インストール中に致命的なエラーが発生しました。 (0x80070643)

推奨される操作: <エージエントインストール対象サーバー>: [windir]\temp\msdpm*.log のログ ファイルを確認し、適切な操作を行ってください。操作を再実行して、エラーが引き続き発生する場合は、コンピュータを再起動してから、操作を再実行してください。

  • という事は、いよいよエージェントインストール側のFirewallサービス停止を実施。
    →リモートデスクトップ上から、Firewallサービスを停止すると予定通りリモートデスクトップが使えなくなった。
    →Firewallサービスは止まっただろうという想定で、保護エージェントをインストールしてみるも失敗。。。
  • よくよく考えてみると、Hyper-V上なのでリモートデスクトップ接続を行えなくても、Hyper-Vの親OSにリモートデスクトップ接続しHyper-Vの子OSの画面を開けば、端末前まで行かなくてもよい事に気付く。(隣の部屋ですが。。座ったまま作業ができるのは、すばらしい)
    → 上記の接続方法で保護エージェントインストール側のOSへ接続し、Firewallサービスを起動後、停止。
    → 再度、保護エージェントのインストールを試してみると
     エージェントのインストール成功!!!

Tag: SharePoint 2007 DPM

Oracle Database 情報検索
Last-modified: 2010-05-01 (土) 16:09:11 (2667d)